【名物】大分で食べたいおすすめグルメ4選!|別府温泉旅行#3

別府旅行その3旅行
妹_右向き
いもうと

旅行の楽しみは7割食べ物、妹です。

前回に引き続き、以前行った別府旅行について振り返っていきます。

前回の記事はこちら↓

せっかく旅行に行ったなら、そこでしか食べられないものや有名なものを食べたいですよね!

ということで、今回は私が旅行に行った際に実際に食べたものと一緒に、別府名物についてご紹介していきたいと思います!

だんご汁

だんご汁

だんご汁とは

だんご汁は、大分の郷土料理です。簡単にいうと、具沢山のお味噌汁です。

特徴は「だんご」が入っていること。”だんご”と聞くと、だんご三兄弟のようなだんごを想像してしまいますが、全然違います。

この「だんご」というのは、平べったく、短い麺のことです。食感はモチっとしてます。

だんご
だんご

素朴な味で、初めて食べたのに、なんだか懐かしい気持ちになりました。

野菜たっぷりなので、食べてもあまり罪悪感がないところも良いですね!

極楽亭

私が実際にだんご汁を食べたのは血の池地獄敷地内にある食事処「極楽亭」さんです。

↓血の池地獄公式HP極楽亭ページ

極楽亭 | 血の池地獄

別府旅行の振り返り#1で書いたのですが、お昼ご飯は別の場所で食べる予定だったのです。しかし、バスを間違えてしまい、急遽「血の池地獄」に行くことになりました。

レンタカーなし!大分空港〜別府〜鉄輪温泉までバスで移動【別府旅行#1】
レンタカー一切なしで別府温泉を観光してきました。主にバスを使いました。バスは難しいですが、ローカル感があって良いですよね。温泉=別府というイメージ通り、温泉好きにはたまらない旅行になりました。
新しいタブで開く)

あまりにも空腹だったため、血の池地獄の入り口そばにある「極楽亭」さんに入りました。

本当は血の池地獄名物の「血の池バーガー」や「地獄の極楽カレー」という、ここでしか食べられないメニューがあったのですが…。

ここでは、あくまでも空腹すぎるお腹を5分目くらいまで満たし、メインは別のところで食べる予定だったのです。なので、がっつりしたものを食べるのはやめようという話になり、「だんご汁」を注文。

いやーこれが…思っていたよりお腹いっぱいになりましたね。

このボリュームの食べ物をおやつ代わりにしようとしていたという…極度の空腹って判断力が鈍りますね…(笑)

温泉饅頭

これはもう、温泉地ではかかせませんね。

単に温泉地で売られているから温泉饅頭、というケースも結構あるみたいですが、おそらくここのは温泉の蒸気で蒸されている温泉饅頭が多いのではないでしょうか。

極楽饅頭本舗

私が実際に温泉饅頭を食べたのは、海地獄の敷地内にある「極楽饅頭本舗」さんです。

極楽饅頭
すぐ横で蒸しあげられている

↓海地獄公式HP極楽饅頭本舗ページ

海地獄【公式サイト】|大分・別府の観光スポット
大分・別府の観光スポットと言えば「海地獄」へお越しください。

1パック15個で売られています。

15個⁉︎多くない⁉︎と思ったんですが、ここの温泉まんじゅう、すごく小振りなんです。

リアルに親指サイズです。あっという間に食べちゃいます。怖いですね。

皮が薄くて、あんこもあっさりしていて、食べやすすぎる。

素朴でおいしかったです〜。

すぐそばで、蒸しあげているのでそれだけでもテンションが上がります。

小さい饅頭
絶妙に映えない見た目も愛おしい

地獄蒸し

地獄蒸し

地獄蒸しとは

地獄蒸しとは、大分の郷土料理です。

食材をざるにのせ「地獄蒸し釜」と呼ばれる約100度の蒸気が噴き出す釜の中に入れ、蓋をするだけ。

塩分を含む温泉蒸気で一気に蒸すため、食材本来の旨味が閉じ込められます。

http://jigokumushi.com/ 地獄蒸し工房さんHP

食材は自分である程度選ぶことが出来ますよ。お店によって、自分で食材を釜に入れる体験が出来るところもあります。

地獄蒸し工房 鉄輪

私が実際に地獄蒸しを食べたのは「地獄蒸し工房 鉄輪」さんです。

↓地獄蒸し工房さん公式HP 写真付きメニューも見れます。

大分県別府市 地獄蒸し工房鉄輪の公式Webサイト
指定管理業者/旭環境管理株式会社のトップページです

地獄蒸しを実際に体験して食べられる、鉄輪温泉の有名店ですね。

テレビ番組などでも取り上げられています。

他にも地獄蒸しのお店はいくつかありますが、地獄蒸し工房さんの大きな特徴は、予約が必要ない、ということです。

逆に言えば、予約したくても出来ません。予定は全部事前に決めておきたい!という人は別のお店にした方が良いかもしれませんね。

ただ、他のお店も混雑します。かくいう私も、実は事前に他のお店で予約しようと思いましたが、1週間前にはすでに予約で埋まっていて取れませんでした。予約をとる場合はお早めに。

さて、地獄蒸し工房さんの話に戻りまして…

地獄蒸し工房さんに行ったのは午前11時半前頃でした。結構人が入ってましたね。ただ、席はまだ空いてました。

地獄蒸し工房さんは食券制です。最初に食券を購入して、カウンターに提出します。ちゃんと写真入りのメニューもあるので、安心して購入できます。

また、蒸すのに使用する地獄釜の使用券も食券と一緒に購入します。時間制なので、延長する場合はまた買い足す必要があります。私は1回分(20分)で足りました。

食券
食券を提出

私が実際に購入したのは下記の通りです。(2人分)

  • 地獄釜(小)使用券(20分)・・・¥340
  • 彩り野菜ミックス・・・¥700
  • 別府温泉ぶたまん(2個入)・・・¥500
  • 地獄蒸したまご(2個入り)・・・¥150

「別府温泉ぶたまん」と「地獄蒸したまご」はお店の人に勧めてもらって食べました。いや、これが無かったらなんとも質素なメニューでしたね(笑)

お肉とかもあるので、もっと豪勢に食べれば良かったなー。宿で朝食のバイキングを食べすぎてそこまでお腹があまり空いてなかったんですよね。食い意地が裏目に…。

さて、食材が渡されたらいよいよ地獄蒸しの体験です。

厚手のゴム手袋をはめ、専用のあみに食材をセットします。それをお店の人に手伝ってもらいながら、釜の中へ。

基本的に1グループで1つの釜を使用します。なので、グループの場合は代表で1人作業します。

入れる作業以外に、食材を取り出す作業もあるので、作業は複数回生じます。交代でやると良いですね。

作業している姿は写真を撮ることも可能です。ただ、釜の蓋を開けるとかなり湯気がすごいので、上手く映らない可能性大です。笑

一度に複数の食材を中に入れられますが、食べ物によって蒸す時間が違います。

ストップウォッチを渡されるので、それで確認しながら、自分たちで指示された時間に、自分たちの釜へ行き、食べ物を取りに行きます。

実際の様子
ストップウォッチと温泉たまごとぶたまん

食べてみると、ほくっとして美味しいです。素朴な味です。素材の味万歳って感じです。食材が水分を含むので、なんだか健康に良さそうです。

とり天

とり天

とり天

こちらも大分の郷土料理で、その名の通り、鶏肉の天ぷらです。結構ボリュームがあります。唐揚げに似ているようにも思いますが、食べてみるとやはり違いますね。

衣がフワッとしていて、味は優しめの印象です。

ただ、お店によって味付けや食感にかなり違いがあるそう。

食事の機会が多いなら、食べ比べをしてみても楽しそうです!

スカイライン

私が実際にとり天を食べたのは、大分空港にある「スカイライン」さんです。飛行機の待ち時間に食べました。

↓大分空港公式HPスカイラインページ

ビューレストラン スカイライン
大分空港 Welcome to Oita Airportとは

17時半頃にお店に入りましたが、その時はお店は空いてました。テーブル席はひと席ずつゆとりがあり、ゆったりできました。

とり天は、良い意味で予想通りの味でした。しつこくなくて美味しかったです。

とり天には、塩(柚塩?)とポン酢がついていて、好みでつけて食べます。

個人的には、とり天単体で食べる時は塩、ご飯と一緒に食べる時はポン酢が好みでした!

結構ボリューミーなはずなのに、意外とぺろっといけました。単に旅行中に胃袋が大きくなっただけかもですけどね…(震)

番外編

ここでは、上記で説明しきれなかった軽食的な物をご紹介します!

カボスドリンク

かぼすカルピス
写真撮るのが下手…。

大分の名産「かぼす」。旅行中もお土産屋さんなどでかぼす味のお菓子などをちょくちょく見かけました。

また、ドリンクもあります。かぼすジュースやかぼすソーダなどなど。

私は空港のカフェでかぼすカルピスを飲みました。のどが乾いていたのもあるかもしれませんが、なんかやたら美味しかったです。

私は炭酸が苦手なので、とてもありがたいかぼすドリンクでした。

地獄蒸しプリン

地獄蒸しプリン

こちらは海地獄の中にある「カフェテリア海」さんでいただきました。

オーソドックスなプリンって感じでした。卵の味がしっかりしておいしかったです!

勝手に、トロトロのプリンを想像していたのですが、割とかためのプリンでした。

味はオーソドックスですが、地獄で蒸されていると思うと、特別感があって良いですよね。

温泉たまご

旅館やら地獄やらレストランで食べすぎて、どこで食べたかも分からなくなってしまいました(笑)

でもやっぱり、温泉地で食べる温泉卵は美味しいですね。

ほのかに硫黄の薫りがするのがたまりません。

まとめ

以上、どれも美味しかった大分名物でした!

本当は別府冷麺や豊後牛などなど、他にも有名な名物があるのですが…。

なんせ食べられなかったので、勝手におすすめは出来ないな、と思い自重しました。

次に行った時は、もっとゆっくりとスケジュールを組んで、必ず名物という名物を食べ尽くしたい…!そしてあわよくば食べ比べなんかもしてみたい…!

というわけで、今回はこの辺で…おしまい!