【出産レポ】出産(入院)のために持参したもの・便利だったものまとめ

出産・育児
姉_右向き

妹の記事見てたら温泉行きたくなってきた…!姉です。

今回は、出産・入院準備で実際に持参したもの、便利だった・役に立ったものを紹介していきます!

産院で用意してくれるものも異なってくると思いますので、そのへんも合わせてチェックするといいかもです!

役に立った、便利だったもの

もったいぶってもしょうがないので、まずは役に立ったものから紹介していきます!

補足:産院で用意されていたものについては(産院)とします。

  • ペットボトル用のストローキャップ
  • カップ付きキャミソール
  • 産褥ショーツ(産院)
  • 生理用ナプキン
  • 授乳クッション(産院)
  • 円座クッション(産院)

この上記6つは私の中では外せないものたちです。

ペットボトル用のストローキャップ

まずはペットボトル用のストローキャップ。これは出産時に本当にお世話になったものです。

普通のペットボトルでも大丈夫じゃない?と思われるかもしれませんが、陣痛で苦しんでるときに普通にペットボトルから水分補給するのは、かなり至難の業だと思います。少なくとも私は無理でした。

陣痛には波があり、波と波の間の痛みがおさまる時間は短いです。そのわずかな時間で、机からペットボトルを手に取ってフタを開けて飲むために体を少し起こして…なんてやってたらあっという間に次の陣痛の波が来ます。

ストローキャップがあれば、フタを開けるためにPUSHして、ストローから吸うだけで飲めます。寝たままでもこぼれずに自分が飲みたい分だけ飲めます。

出産中にストレスなく水分補給ができたのはコレがあったからと言えます。

しかもこんな画期的なものが100円均一で売っているという…!どこでも売ってるかもしれませんが、私はセリアで購入しました。

ちなみに気に入りすぎて、入院中もずっと愛用してました。笑

カップ付きキャミソール

妊娠中から使っていましたが、入院中もとても使いやすかったカップ付きキャミソール。私は無印良品のものを好んで着てました。

授乳するときはやっぱり授乳用ブラジャーがいいのかな?と思ってあらかじめ準備してましたが、使ってみるとカップ付きキャミソールの方が自分には合っていました。

理由は、大きく以下の2点です。

  1. 授乳用ブラジャーの上にキャミソールを着ちゃうので、授乳するときにすごい大変だった
  2. その後も使える

少し詳しく説明すると、

1.私はお腹が冷えてしまうので、キャミソール必須です。

授乳用ブラジャー+キャミソール+パジャマ という構図が出来上がりますが、これが授乳の準備をするのにとても大変で。

キャミソールがなければいいんじゃない?って感じですが(自分でもそう思う)、最初に書いたとおり、冷え性なのでお腹に何もないのはちょっと心もとなくて…。

その点、カップ付きキャミソールなら、パジャマと一緒に下からめくれるので、授乳するのにも楽でした。

それぞれの授乳スタイルがあると思いますが、こういうやり方もあるんだな~と思ってもらえれば幸いです。

産褥ショーツ

これはもう役に立ったというより必需品って感じです。

ショーツを脱がずともパッドの交換出来たりと、結構便利なものでした。

ただ、体が落ち着いてきてしまえばサニタリーショーツで大丈夫だと思うので、大量に必要というわけでもありません。使う期間が短いわりに高いですしね…。

産院で1枚用意されていましたが、最後まで追加で購入するか悩んだものです。とりあえず1枚でなんとかなりましたが、正直なところ、1枚追加してもよかったな~と思います。結果論ですが…。

人によりますが、必要枚数は1枚~2枚くらいといったところでしょうか。

生理用ナプキン

これも外せないものです。

360タイプと400タイプの2種類を一袋ずつもっていきました。が!足りませんでした。

出産後の出血が多かったのも理由にあるかと思いますが、私の場合は、陣痛よりも先に破水が来てしまって、出産までずっとちょろちょろ羊水が出てしまっていたのもナプキンの消費量が増えた理由だと思います。

ちなみに360タイプだと容量的に間に合わなかったので、ずっと400タイプを使っていました。

破水して入院し、わりとすぐ底が見えてしまったので、足りなくなる前に400タイプを家族に追加で買ってきてもらいました。

これに関しては少し余分に持って行ってもよかったなと思います。多少かさばりますが、軽いですし消耗品なので。安心をもっていくという感じですね。

授乳クッション

Uの字の形をしたクッションです。これは名前の通り、授乳中に大変お世話になったものです。

小さい赤ちゃんを、自分の足だけでちょうどいい高さまで調整するのは難しいです。

授乳クッションがあると、高さも出ますし、赤ちゃんの体重をクッションに分散できるので、無駄な力が入りにくくなります。

最近の授乳クッションは進化しているみたいで、バリエーションも豊富でした。

授乳クッションは自分でも家用に購入してましたが、そのクッションは、

  • (妊娠中)抱き枕として使用できる
  • (妊娠中)背中において、腰の負担を減らせる
  • ボタンでつなげると、輪っかになり、授乳クッションになる
  • 枕として使用したり、赤ちゃんのお座りの補助(かなり簡易)になる

と、いろいろな機能がありました。クッションと言って、あなどれませんね。

妊娠中の抱き枕~授乳まで、だいたい1年くらい使えてたので(今でもお昼寝用枕として活躍中。笑)いい買い物だったなと思います。

円座クッション

これもなくてはならないものでした。

出産後、これがないと痛くて痛くて座れないのです…。産院では、自分の部屋のほかにも食堂に置いてあったのですが、ほとんどの人が使用していた印象です。

退院が近くなると、使わなくても大丈夫!って方もいました。

私は産後3週間くらいは円座クッションなしでイスに座れませんでした。ここまで痛みが続くと思っていなかったので、準備していませんでした。なので退院後急遽、家用に円座クッション購入しました。

これに関しては、産後の状態をみないと必要不必要の判断ができないと思うので、家用のものは事前に準備する必要はないかと思います。

持参したものリスト

持参したものを以下リストにまとめました。陣痛・入院バッグ、貴重品バッグのそれぞれで紹介します。

貴重品バッグ

  • 母子手帳
  • 診察券
  • 保険証
  • お財布
  • メモ帳
  • ペン
  • ハンドタオル
  • ティッシュ
  • 充電器
  • イヤホン
  • メイク道具
  • お守り

陣痛・入院バッグ

  • ペットボトル用のストローキャップ
  • カップ付きキャミソール
  • 生理用ナプキン
  • スポーツドリンク、他飲み物
  • カーディガン
  • 靴下
  • 骨盤ベルト
  • フェイスタオル
  • パジャマ(産院のを使用したので結局使わず)
  • 鼻セレブの箱ティッシュ
  • シャワーグッズ
  • スキンケア用品
  • 授乳ブラジャー
  • サニタリーショーツ
  • ガーゼハンカチ
  • 軽食(ウィダーインゼリー、カロリーメイト、好きなお菓子)
  • (退院時用の赤ちゃんの)肌着
  • (退院時用の赤ちゃんの)ベビー服
  • (退院時用の赤ちゃんの)おくるみ

テニスボールやうちわなども、出産時に役立つグッズとして持参されている方がいらっしゃいます。

ですが、私は持っていきませんでした。そして、なくても特に問題なかったです。

これも出産時の態勢や体調、タイミングによるかもしれませんね。人によって楽な態勢や、陣痛が和らぐ方法もいろいろみたいなので。

まとめ

以上、出産(入院)準備で持参したもの・便利だったものの紹介でした!

こうやってリスト化すると、結構準備するもの多く感じますね。

私も出産前は、忘れたもの・入れてないものないかな~と不安になって何回も確認してました。笑

最終的に、自分が見ても旦那くんが見ても分かるように、リストをメモしてバッグに入れてました。

なんだかちょっと話が逸れていきましたが、今回はこの辺で、おしまい!