【あつ森】しまいで島暮らしを楽しむ#1【どうぶつの森】

ゲーム
姉_右向き

タイトルがダジャレになってしまい不覚にもじわりました、姉です。

いよいよ始めました、どうぶつの森にて無人島のんびり暮らし。

なんとなく、どうぶつの森っていつから発売してたんだろ?と思って調べたら、初回は2001年に発売されたんですね!19年前とな…

よくよく思い返してみると、この初回からしっかり継続してどうぶつの森を購入しているという。笑 歴史を感じますね。

それはともかく、妹とのんびり無人島暮らしを楽しんでいくので、よろしければご覧ください~

出発前の手続きで最初の設定

無人島移住パッケージに申し込んだ私たちは“たぬき開発”の案内カウンターにて、 申込確認や出発前の案内を まめきち とつぶきちから受けます。…って、もう最初の設定からウキウキしますね。

出発
まめきち・つぶきちがお出迎え!

ちなみに、最初の設定はざっと以下のとおりです。

  1. 申込の確認(名前と誕生日を決める)
  2. パスポートの写真を撮る(見た目(性別を含め)を決める)
  3. 行先の打ち合わせ①(北半球にする?南半球にする?)
  4. 行先の打ち合わせ②(島の地形を選択する)
  5. 無人島にひとつだけ持っていくものは?の問いかけに答える

事前申し込みの確認という形で初期設定できます。世界観がしっかりしているので、初期設定も苦じゃなくできましたね。

2番の見た目はその後のプレイ中に変更できるので、いろいろ楽しめそうです。一方で、名前や誕生日、島の地形(これはあとで変更できる部分もあり)などは今後変更できないそうです。じっくり決めたいところですね。

5番の質問はどれを答えても特にその後に影響は与えないそうです。ちょっと考えちゃったよ。笑

キャラを選ぶ
髪色や目の色は自分たちが出来ないカラーを選択♪

到着…新生活スタート!

島に到着してからの簡単な流れは以下のとおりです。

  • 島に到着
  • 住人二人と初対面!
  • たぬきちからのお話
  • [任務]自分と住人の住む場所(テント)を決める
  • [任務]枝とフルーツ集め
  • [任務]島の名前をつける
  • 自分のテントにベッドを設置。ベッドで眠る
  • たぬきちからスマホをもらう

“DAL”の飛行機に乗って、無事これから住む無人島に到着!

着いたら、他の住人もいました。最初の住人は二人のようです。女の子と男の子一人ずつ。

私たちの島の住人は、チャスとパタヤでした!

その後、たぬきちのあいさつを聞いて、住む場所を決めます。アクセス重視もよし、浜辺で非現実世界を味わうもよし。。。

しまいは、海も近くて(プライベートビーチ感)、他の場所にも行きやすい、そんな欲張りな場所に決定しました。笑

ほかの二人の住人の住む場所も決めてあげて最初の任務完了!

と思った矢先に、たぬきちから、「木の枝10本、フルーツ6個集めて」と新たな任務を言い渡されます。

木をゆすってゆすって、指定のものを集めました。プレイに慣れるための練習って感じですかね。

その後、島の名前をみんなで多数決で決めます。といっても、こちらで決めた島の名前に決まりますが。みんなから賛成の拍手がもらえます。笑

家の場所はお金払えば後のち移動できるみたいですが、島の名前は変更できません。恥ずかしい名前はつけられませんね!

その後、自分のテントの中にベッドを設置し、寝ます!そうするとたぬきちからスマホをもらえます。

島暮らしだけど、ハイテク!笑 これならストレスなく住めそうですね♬

スマホゲット

まとめ

ここまでが初日のイベントというところでしょうか。

あとはひたすら木材などを集めしたり、集めた資材をもとにDIYで道具作って、釣りしたり虫捕まえたり…

さっそくのんびり過ごしました。

久しぶりにどうぶつの森をやりましたが、やっぱり楽しいですね!

また島暮らしレポします~!それでは今回はこの辺で…おしまい!!

新生活スタート!
自由だ~!!!