【書評】『20歳の自分に受けさせたい文章講義』を読んだ感想

読書読書
妹_右向き
いもうと

ネットでも買うけどやっぱり本屋も好き、妹です。

つい先日、『いますぐ書け、の文章法』という本を紹介しました。ネットでポチポチと購入した際、「これもどうですか?」とばかりにオススメ欄にあがってきたのが、今回ご紹介する『20歳の自分に受けさせたい文章講義』古賀史健(著)です。

あるジャンルの本を読む時は、最低でも2冊以上を読むようにしています。情報が偏っちゃうといけないので。というわけで、ネットショップの思惑通りにまんまと購入しました。

今回、文章法のジャンルにおいて、2冊目の本になったわけですが、正直に申し上げますと、『いますぐ書け』と言っている事は結構似ている部分がありました。

これはどちらがパクったとかそういう話ではないので誤解しないで下さいね。「あ、文章を書く事を仕事としている人が、真剣に文章法と向き合うと、こういう考えになるのだな」、と感動したのです。

『いますぐ書け、の文章法』がゆるっと、噛み砕いて説明してくれる本であるのに対し、『20歳の自分に受けさせたい文章講義』はより具体的に、熱を持って書かれた本です。「どうしてしっかりした文章法がこの世にないんだ!」という怒りのエネルギーすら感じます。

今回も、自分が勉強になったと特に感じたところを抜粋してご紹介します!

話せるのになぜ書けないのか

いざ文章を書こうと思っても、書き出せない、もしくは途中で手が止まってしまう。人と話すときは問題ないのに…という人、結構いると思います。私もその一人です。

書けないが話せる、これは、話す時には言葉の他にも、表情や声などで感情を相手に伝えられるからです。書くとなった時、こちらの武器は言葉だけになります。

逆に言えば、文章を書くという事は、言葉以外の部分(表情や声など)を言葉に落とし込む事なのです。そしてこの事を著者は「翻訳」と表現しています。

この時に重要なのが、考えてから書くのではなく、考えるために書く、という事です。つまり一度書く事によって、頭の中を整理して、論理を再構築してアウトプットするのです。

自分の気持ちがうまく言葉に出来ず、モヤモヤとして頭の中をずっとグルグル…なんて経験ありませんか?私は口下手で、滅多に喧嘩はしないのですが、いざ喧嘩になった時。反論の材料はたくさんあるのにうまく言葉に出来ず、悔しい思いをした事が多々あります。一回書き起こせば良かったのかもな…。

翻訳とは

では具体的に、「翻訳」はどう練習すれば良いか…著者はこのように述べています。

聞いた話を誰かに話す。これは”翻訳”の第一歩だ。

『20歳の自分に受けさせたい文章講義』古賀史健(著) p42

勉強でも、「人に教えられるようになれば、その事について理解できている」とよく言われますね。たしかにそうだと思います。これと同じ事が文章にも言えるわけです。

話をする以上、相手に自分の話を理解してもらう必要があり、あわよくば話に興味を持って欲しい。そのために、一度自分の頭で話を整理しているはずです。

どんなに口下手な人でも、「オチは最後に持ってくる」くらいはやっていると思います。無意識にやっている人も多いかもしれませんね。

そして、話すときは自分の感情も合わせて話します。その時に、自分の当時の感情や面白いと思ったポイントを再認識する事ができます。

つまり、人に話す事によって、自分の頭の中を事実や感情を合わせて言語化出来るのです。これが「翻訳の第一歩」というわけですね。

いずれも、伝えたい事を頭で再構築→アウトプット→アウトプットした内容を整理して文章にする、というプロセスになります。

慣れていけば自然に出来るのでしょうが、難しいうちは誰かに話を聞いてもらって、上記のプロセスを経るのが良いかもしれません。

頭でわかったこと以外は書かない

これはこの本の中で、特に大きくは書かれていない部分なのですが、個人的に色々考えさせたれた部分だったので書く事にしました。ちなみに、下記の意見は著者の話とは論点がずれております。あしからず。

例えば、1から100まであるものを90までしか理解出来ないとします。残りの10の部分は、もや〜っとしか理解出来てないとします。

厄介なのは、全く理解できていないわけではない、という事です。んー、ごまかしながら書いちゃお!ってなる人もいるかもしれません。でもこれって、すごく危険をはらんでいると思いませんか?

100%のウソはすぐ見破れますが、本当の話の中に10%だけウソが入っている時ってなかなか見破るのが難しくなります。

本人はウソをつくつもりがなくても、ごまかした部分に、間違った文があったら…。他のところが正当な分、間違った部分を鵜呑みにしてしまう人がいるかもしれません。その時にきちんと責任取れるんですかって話ですよ。文章を書いて発信する以上、自分の文には責任を持たないとね。

もし、誤解させるような内容がなかったにしろ、ごまかす場合はきっと色々な文で取り繕いますよね。余計な文が多いと読む方もうんざりです。

書くからには、理解する努力を怠らない。万が一、努力の末に全てを理解出来ない場合、理解出来た部分のみを書く。すごく大事なことだと思いました。いや、真面目か。

まとめ

その他、具体的なコツや技術的なことがたくさん書かれていました。そういった意味でかなり密度の濃い本だったと思います。

こうやって本を読んでると、本当に勉強は果てしないなーと思いますね。

技術面、精神面ともに勉強になる良い本でした。文章に対する熱意がひしひしと伝わってくるので、書くことへのモチベーション向上にもオススメできる本です。

興味がある方は是非読んでみて下さい。

それでは今回はこのへんで…おしまい!